MENU

育毛、薄毛の白髪に対する髪のケア

育毛、薄毛の髪の悩み以外に、白髪の悩みもまた、髪の毛の悩みとしては多いものです。

 

 

白髪は、年をとるとともにどうしても増えるものですが、日常の食生活やヘアケア、ストレスなども関わってきます。育毛、薄毛と同じように、白髪も日常の生活である程度予防することは可能です。

 

 

白髪は、できるだけ増えないようにしなければいけません。そのためには、日常の生活でできることの一つとして、髪の毛に重要なメラニン色素を作るために必要な栄養素を充分摂ることです。このためには、亜鉛、カルシウム、銅を含んだ食べ物を多く摂ることです。これは、育毛、薄毛にも必要なのは勿論です。

 

 

どうしても白髪が増えて気になる場合、自分で白髪染めシャンプーやヘアマニキュアを使うことになりますが、できるだけ肌に優しいものを使うように心がけるべきです。

 

 

また、白髪は抜いてはいけません。白髪を抜くと、他の毛の毛根にも悪影響を与え、抜け毛につながります。

 

 

育毛、薄毛に関わることとして、白髪の人ははげにくい、といわれますが、これは関係ありません。

 

 

育毛、薄毛には、ストレスが関わるといわれますが、これは白髪にも関係してきます。白髪を増やさないためには、ストレスをためないことも大切です。

 

 

育毛、薄毛の対策同様、白髪も、日常の生活が大きく関わるものなのです。

黒酢がもたらす育毛、薄毛に対する効果

育毛、薄毛には、黒酢も良いといわれます。黒酢は、血液をきれいにする効果があるのです。

 

毛髪を育てる頭皮という薄い膜を縫うように流れる毛細血管は、とても細いものです。その毛細血管をスムーズに血液が流れ、毛根に栄養を十分に補給することが、育毛、薄毛に効果をもたらします。黒酢は一般の穀物酢に比べると原料の玄米を多く使用しています。長い時間をかけて醗酵・熟成しているので、アミノ酸や有機酸、ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。

 

 

黒酢は水と併用すると効果が上がります。朝起きたら1杯の水、昼も1杯の水、夜寝る前に1杯の水。もちろん、水はその間にもたっぷり摂ることが重要です。そして、黒酢は朝・昼・晩と、猪口1杯ほどを飲めば、それだけで育毛、薄毛だけでなく、体全体の調子も良くなります。

 

ただ、黒酢は酸味が強いので、そのまま飲むと胃に悪いので、10倍ほど薄めて飲むようにしましょう。

 

 

安価で、コンビニなどでも簡単に手に入る、というのも育毛、薄毛対策用に人気の理由のようです。一日二回、黒酢のパックを飲むのが良いようです。黒酢の原液を10倍くらいに薄め、洗髪後に髪に塗るのも育毛、薄毛に効用があるようです。

 

 

黒酢を利用した市販の育毛、薄毛用シャンプーやコンディショナーも、手頃な価格で売られています。

頭頂部の育毛、薄毛

男性の育毛、薄毛の悩みの場合、よく、M字形はげとか、頭頂部からはげてくる、といわれます。
これは、頭頂部は男性ホルモンに支配されていて、側頭部は女性ホルモンに支配されているから、といわれます。このため、はげていることに悩んでいる人は、自分の側頭部の髪を頭頂部に移植する、などの処置を行ったりします。

 

 

頭頂部からのはげの進行と、M字形のはげが同時に進行し、完全にくっついた形になると、はげの形でも、かなり深刻になってしまいます。ここまでくると、あきらめるか、かつらなどをつけようとする人もいます。
なんとか隠そうと、ハードな整髪料で固めたりして、髪型で工夫して見る人もいますが、整髪料は育毛、薄毛には悪影響です。かえって薄毛を促進することになってしまいます。

 

 

育毛、薄毛といっても、あまりはげがひどくなると、ほとんどの人が手遅れと考えますが、あきらめきれず、いろいろな育毛剤を使っている人も多いようです。
しかし手当をすれば100%元の状態に戻すのは難しいながら、ある程度回復させることは可能です。
1日に髪の毛の生える本数は、平均40本〜60本くらいです。

 

 

薄毛が進行した人の場合は、1日20本〜30本くらい生えてきていれば良い方なのです。育毛、薄毛のケア当初はこれ以上抜けているのが当たり前なので、6ヶ月くらいは見た目も薄くなっていると感じます。
6ヶ月を過ぎる頃から全体的な頭皮の状態が回復してきます。その語しばらくは見た目には「波」がありますが、1年で10%の改善が出来れば、育毛、薄毛の対処としては良い方なのです(見た目は20〜30%改善したように見えます)。
育毛、薄毛には、髪を育てる時間が大切なのです。